メール整理術

時間ビンボーを脱出して年収を10倍にする方法 - タイム・イズ・マネーの錬金術時間ビンボーを脱出して、年収を10倍にする方法」第1部13章「168時間を生みだすメール整理術」で触れた Gmail を利用してプロバイダーのメールをいつでもどこからでも読める方法について詳しく解説します。

Gmail とは

Gmail とは大手検索エンジン「Google (グーグル)」が提供する無料ウェブメールサービスです。
Gmail の特徴として

  1. 無料でありながら大容量 : 2008年5月現在、メールボックスの容量は 6.5GB 以上あります。
  2. 強力な迷惑メールフィルタ
  3. 携帯電話からも利用可能
  4. 別のアカウントからメール受信できる

4番目のポイントが「168時間を生みだすメール整理術」で述べた利用方法で重要です。

ここではすでに Gmail にアカウントを作成している事を前提に話を進めたいと思います。

設定1. メールクライアントの設定変更

Gmail であなたの今使っているプロバイダーのメールを受信できるようにする前に、現在使っているメールクライアントの設定を変更する必要があります。

Outlook Express の場合

  1. メニューバーから[ツール(T)...]→[アカウント(A)...]と選択。
  2. 表示されたアカウントのリストから、Gmail で受信したいアカウントを選択し、[プロパティ(P)]ボタンを押す。
  3. [詳細設定]タブを開く。
  4. 「サーバーにメッセージのコピーを置く(L)」にチェックを入れる。
  5. 「サーバーから削除する(R)」にチェックを入れ、日数を適宜変更する(2日くらいが適当)。
  6. [OK]ボタンを押し、設定を保存する。

Outlook Express

Mozilla Thunderbird の場合

  1. メニューバーから[ツール(T)]→[アカウント設定(C)...]と選択。
  2. [サーバー設定]を選択。
  3. 「ダウンロード後もサーバにメッセージを残す(G)」にチェックを入れる。
  4. 「ダウンロードしてから(O)[n]日経過したメッセージは削除する」にチェックを入れ、日数を適宜変更する(2日くらいが適当)。
  5. [OK]ボタンを押し、設定を保存する。

Thunderbird
↑ クリックで拡大

Becky! の場合

  1. メニューバーから[ツール(T)]→[メールボックスの設定(M)...]と選択
  2. [基本設定]タブを開く
  3. 「受信メールをサーバーに残す(L)」にチェックを入れる。
  4. 「[n]日後に削除(0の場合削除しない)」の日数を適宜変更する(2日くらいが適当)。
  5. [OK]ボタンを押し、設定を保存する。

Becky!

設定2. Gmail の設定変更

Gmail で他のアカウントのメールを受信する「メールフェッチャー」機能を有効にするには以下の手順を踏んでください。

  1. Gmail にログインする。
  2. Gmail の画面右上、[設定]をクリックする。
  3. アカウント]をクリックする。
  4. 「別のアカウントからメールを受信」という欄の[別のメールアカウントを追加]をクリックする。
  5. 新しいブラウザウィンドウが開くので、Gmail で受信したメールアドレスを入力する。
  6. プロバイダーから提供された[ユーザー名]、[パスワード]、[POPサーバー]、「ポート」を入力する。
    ([ユーザー名][POPサーバー][ポート]はメールアドレスに基づいて自動的に入力されます。間違っていなければそのままでOK)
  7. 「受信したメッセージのコピーをサーバーに残す」にチェックを入れる(重要!)
  8. [アカウントを追加]ボタンを押す。

設定完了!

これで家のパソコンと Gmail 両方どちらでもメールを受信できるようになります。

インターネットに接続できる環境さえあれば、Gmail にアクセスでき、自分のパソコン以外からでもメールを読むことが可能です。
例えば出張先のインターネットカフェからでも自宅から同様にメールを読んで、それに返信できます。
また Gmail は携帯電話にも対応しているので、通勤途中やちょっとした待ち時間でもメールがチェックできます。