ウィズダム 一期一会

その昔、日本マクドナルドに竹中義男運営本部顧問という方がいました。
私が、1979年から81年までの二年間の米国研修からハンバーガー大学に戻ると、その方が、顧問席に座っていました。

毎日、ぽつりぽつりと、静かに言葉を発せられます。最初は、何気なく聞いていました。
そのうち「いや~、これはものすごいことを言っている!」と気付いたのです。

そこで、私が竹中語録と称して、語り聴きをメモにしました。

  1. リーダーの自己管理
  2. 部下の人間管理
  3. 上司としての叱り方
  4. 部下としての叱られ方
  5. 日本人と外国人

リーダーの自己管理

  1. 戦闘でも人生でも、一番激しいのは自己との戦いである。勝者は、自分に勝ったのである。
  2. 指揮官とは、絶えず状況を判断し、適時に決断し、適切に命令し、すべての責任をとる者のことである。
  3. 技能を拡大しても戦術にはならない。戦術を拡大しても戦略にはならない。
  4. 守るのは取るよりも容易なように見えるが、実際はその逆である。
  5. 人間であること、欲望をもって生きていることで、人間は99%同じである。人間平等は、歴史が達成しようとしてきた原理である。
  6. 部下は、指揮官のいうとおりにするよりも、指揮官のするとおりにするものである。
  7. 指揮官は、組織の目的、部下の幸福、自分の目標の三つをつなぐ仕事をする者である。
  8. 我欲の強すぎ、嫉妬と、すねることは身を亡ぼす。
  9. 向上と栄進の機会を与える理論・計画・人物に人は集まる。
  10. 指揮官の持ち味を生かす。

1. 戦闘でも人生でも、一番激しいのは自己との戦いである。勝者は、自分に勝ったのである。

  • 部下の疲労、心痛、不満の重圧との戦い。
  • 状況の困難との戦い。
  • 先行きの不確かさとの戦い。
  • 自分の体力、気力、識能との戦い。
  • 敵との戦い。

2. 指揮官とは、絶えず状況を判断し、適時に決断し、適切に命令し、すべての責任をとる者のことである。

  • 部下よりも高く広い情報と視点で判断するから上司である。
  • 遅すぎる決断と、遅疑して決断しないことは、誤った決断よりも敗戦を大きくする。
  • 命令は職位で下すのではなく、根拠、理由、全般との関連性などを示す説得行為である。
  • 部下の決定、怠慢、誤りの責任もひっかるぶるべきである。
  • 上位者ほど忙しく、責任の重圧がある。上に行けば楽になる組織は亡びる。

3. 技能を拡大しても戦術にはならない。戦術を拡大しても戦略にはならない。

  • 上位者ほど、物から人へ、技術から理論へ関心を拡大する。
  • また、自然科学的思考から、社会人文科学的思考へ拡大、統合する。
  • 局地的思考から広域思考へ、短期的思考から長期的思考へと比重を移し、一時局所の波乱よりも、傾向を見る眼へ。
  • 既存の制限された手段から、新しい手段の応用と組み合わせ、及び優先順位へ。
  • 関心を実行の監督から、先行的判断と先見的決断へ。

4. 守るのは取るよりも容易なように見えるが、実際はその逆である。

  • 攻撃する時に最高の集中、士気、団結が生まれる。
  • 指揮官以上に情熱と積極性をもつ部下は出ない。
  • 責任のがれと、困難を回避する者に信用と成功は生まれない。
  • 不断の革新なしに、不断の勝利があった例はない。
  • 安定とマンネリ化、成功と頑固は同居人である。

5. 人間であること、欲望をもって生きていることで、人間は99%同じである。人間平等は、歴史が達成しようとしてきた原理である。

  • 学歴、地位、年齢、能力などは小さな差である。
  • 人間的共感に生きがいを感ずる。
  • 誰でもよりよい人生を望んでいる。
  • 部下にも、親、兄弟、妻、子供がある。
  • 誰でも認められたい、面子を保ちたいと思っている。

6. 部下は、指揮官のいうとおりにするよりも、指揮官のするとおりにするものである。

  • 上司はだませるが、部下や同僚はだませないことを知るべきである。
  • 部下にしてもらいたいとおりに上司にする。
  • 公私の別は見習われる。
  • 金銭、時間の使用も見習われる。

7. 指揮官は、組織の目的、部下の幸福、自分の目標の三つをつなぐ仕事をする者である。

  • 上記の三つの目標を近づける努力をする。
  • 上の三つの目標は、互いに他の達成に依存している。
  • どれかがへこんだら長続きしない。
  • いつも三つを関連づけて考えることを部下に理解させる。
  • 部下の要望を上司に拒否された時には、自分の決意として伝える。

8. 我欲の強すぎ、嫉妬、すねることは身を亡ぼす。

  • 人はいつも実力・実績以上の地位や昇進を望むものである。
  • 部下や同僚の業績を横取りせず、上司の前で、この人たちをほめる男が大成する。
  • 男は成しておごらず、たのまず。敗けてくじけず。自信と気力さえ失わなければ、失敗は成功の母。
  • 自己顕示欲の強すぎは、日本では軽薄な嫌味となる。
  • 裏切り、出し抜きは後で返ってくる。

9. 向上と栄進の機会を与える理論・計画・人物に人は集まる。

  • 一二の成功や失敗で人物をきめつけない。
  • 一二の人の言うことで人事を行わず、つげ口を喜んで聞かない。
  • 人間の特徴で好き嫌いをしていないか、いつも反省する。
  • 口上手にごまかされない。継続的に克明な記録とデータを利用する。

10. 指揮官の持ち味を生かす。

  • 人真似や、その都度の考え方ややり方が違うと信用はなくなる。
  • 自分の性格を内省する。
  • 自分の思考方法を発展させる努力をする。
  • 独自の価値観、信条を持つ。絶対に成し遂げることと、絶対にしないことを決める。
  • 仕事以外の勉強やつきあいで厚みを加える。

12345