ウィズダム 一期一会

その昔、日本マクドナルドに竹中義男運営本部顧問という方がいました。
私が、1979年から81年までの二年間の米国研修からハンバーガー大学に戻ると、その方が、顧問席に座っていました。

毎日、ぽつりぽつりと、静かに言葉を発せられます。最初は、何気なく聞いていました。
そのうち「いや~、これはものすごいことを言っている!」と気付いたのです。

そこで、私が竹中語録と称して、語り聴きをメモにしました。

  1. リーダーの自己管理
  2. 部下の人間管理
  3. 上司としての叱り方
  4. 部下としての叱られ方
  5. 日本人と外国人

部下としての叱られ方

部下としては叱られ方を心得て、範を示す。

  • 上司が叱るのは、コミュニケーションだと考える。
  • 叱られるのは、期待されているのだと考える。
  • 悪いところが直せると考える。
  • 叱られながら、責任を自分以外に課さない。
  • 言葉を悪意にとらず善意にとる。
  • 途中で弁解しない。
  • 反抗的態度やふくれ面をしない。
  • 誤解があれば、叱られ終わってからおだやかに話す。
  • 理由や要点がわからない時は、叱られ終わってから、おだやかに尋ねる。
  • 自分の責任を認めて、わびる。
  • 上司の指導、配慮などに感謝していることを現す。
  • 再挑戦の決意を示す。
  • 改善策を考え、わからない点は教えてもらう。
  • 同じ失敗は二度としないようにする。
  • 叱った上司に遠ざかるそぶりをしないで、叱られた後はかえって接近する努力をする。

12345