ウィズダム 一期一会

その昔、日本マクドナルドに竹中義男運営本部顧問という方がいました。
私が、1979年から81年までの二年間の米国研修からハンバーガー大学に戻ると、その方が、顧問席に座っていました。

毎日、ぽつりぽつりと、静かに言葉を発せられます。最初は、何気なく聞いていました。
そのうち「いや~、これはものすごいことを言っている!」と気付いたのです。

そこで、私が竹中語録と称して、語り聴きをメモにしました。

  1. リーダーの自己管理
  2. 部下の人間管理
  3. 上司としての叱り方
  4. 部下としての叱られ方
  5. 日本人と外国人

日本人と外国人

  1. 日本人の特徴について
  2. 日本人の本音
  3. ロシア人の考え方
  4. 日本人とスペイン人の国民性について

1. 日本人の特徴について

日本人の思考方法はドイツ人に似かよったところをもっている。というのは、物事を概念づけて考え、大項目、小項目に分別して考えていくというやり方である。

しかし、アメリカ人の考え方というと、いろいろな事柄をただ単に思いつくままに羅列していくだけである。出し尽くしたあとに整理をして、論理を組み立てるというやり方をとる。そういう意味では、日本人とアメリカ人の考え方の方法はまるで異なっている。

思考のやり方では、日本人とドイツ人は似かよったものを持っているものの、そのねばり強さを比較した場合には、ドイツ人はヨーロッパ大陸に生きてきたので、大陸性であり、ずっとねばり強いものを持っている。

 

ドイツの森林の中に入ってみると、そのねばり強さが体現されているようで、木々が奥深くまで続いており、その森の中にいるだけで非常に壮大な気持ちになる。

そのねばり強さの点では、日本人はきわめて不得手であり、どちらかというと、すぐにあきらめてしまう国民性のようである。

2. 日本人の本音

日本人は本音を言わない。
米国人はその反対に本音と建前を一緒に並べて述べることもある。

3. ロシア人の考え方

ロシア人は日本人にはあまりよく知られていないが、ものの考え方には合理的なところがある。

一度ミグ25戦闘機をみたことがある。飛行機の機能に関係ないところは町のブリキ屋のような粗雑な細工であるが、その他の必要な部分は合金を使用しており、かなりしっかりと造ってある。徹底的な合理主義がこんなところに現れている。自動車でも同様なところがみられる。

4. 日本人とスペイン人の国民性について

日本人もスペイン人も同じようなところがある。それは何かというと、各地に出向いていって、その土地の人間と同化してしまうことである。

移動した場所で、その土地の女性と結婚し、子孫をつくる。従って、かつてはスペイン領は世界の各地にあった。しかしながら、現在その領地は皆無になってしまっている。その点が他の列強諸国とは、多少異なっているところなのである。

12345